交通事故~示談相談実録集~

実際にあった交通事故の示談交渉と解決例

交通事故の示談の交渉

without comments

交通事故は身近に潜んでいるトラブルの中でも、誰の身にも起こりうることであり、被害者になることもあれば加害者となってしまう可能性もあります。しかし、誰の身に起こる可能性があるとは言っても、誰もが自分や身近な人はトラブルに巻き込まれることはないとしてしまいがちなのではないでしょうか。巻き込まれることがないとしている人ほど、いざトラブルに関係してしまった際にはどうすれば良いのかわからず困ることになります。交通事故の場合には、まず考えるべきなのが示談が成立するかという点です。話し合いで交渉が成立するに越したことはありませんが、慰謝料なども絡んでくるのでわからないまま話が進み損をしてしまう人も珍しくはありません。わからない場合は、弁護士に依頼するなどプロを交えて話し合いを進めるようにしておくべきです。

交通事故の示談交渉のタイミング

交通事故に巻き込まれることは、誰の身にも起こる可能性があることであると同時に、自分が被害者となることもあれば加害者となることもあることを頭に置いておかなくてはなりません。どちらの立場となった際にも必ず関係してくるのが、慰謝料の問題です。慰謝料をいくら支払うのかは示談で解決するべきですが、その際に悩むのは示談交渉はいつから始めれば良いのかという点ではないでしょうか。交渉は、ケガを何方かがしている場合には、完治してから行うことが望ましいです。まだ完治していないのに交渉を進めても、途中で症状が悪化したり後遺症が残る可能性もあるので、あまり意味がないだけではなく、示談が成立してしまった後に症状の悪化や後遺症が発覚した場合には自分が困ることになります。そうならないためにもタイミングには十分注意しましょう。

交通事故の9割が示談交渉により解決

交通事故に遭ってしまった時に、被った損害を治療費や休業補償、慰謝料などの各項目で相手方に請求するのが損害賠償請求です。ではいくら請求するかについては、事故の当事者どうしの話し合いで決めていきます。この話し合いが示談交渉です。交渉によって解決ができないケースでは裁判に持ち込むことになりますが、交通事故全体の9割が当事者どうしの交渉で解決しています。交渉は、事故の当事者どうしつまり加害者と被害者の間で行われますが、実際には加害者の契約している任意保険の保険会社と被害者との話し合いになります。これは、ほとんどの自動車保険に交通事故を起こしてしまった時の示談代行サービスが付いていて加害者はそのサービスを利用するからです。交渉では、双方の過失割合つまり事故の時にどちら側にどのくらいの落ち度があったかや責任の有無、賠償金の額などを決めていきます。

初回相談料無料です。土日祝日・夜間も事前予約にて対応。 当事務所は、お客様にお手間をかけることのないよう、他士業との連携をはかってワンストップサービスをご提供いたします。 年間160件以上の交通事故分野の法律問題を取り扱っています。 交通事故被害者の方からの年間面談相談件数約340件以上、年間受任件数約160件以上(平成25年実績)となっています。 交通事故の示談で困った方へ

Written by admin

5月 23rd, 2016 at 3:44 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)